2010-04-25

突撃☆石垣島トライアスロン


コンサルティングファームで激務をこなす戦略コンサルタントには何故か本格的なアスリートが多いということをご存知だろうか。僕たちのファームBooz&Companyのメンバーの中で毎年恒例となりつつある石垣島トライアスロン。今年は3人1組で5チームがスイム・バイク・ランのリレーに出場することになった。何事も極限まで追い込むコンサルタントは徹底的に鍛え込んで本番に臨んでくるのが凄まじい。コンサルタントのこういうエクストリームなところが、僕はとてもすきなのである。それはそうと、昨年に引き続き、僕の担当はラン。前回は調子に乗って走りながら地元の小中学生サポーターにハイタッチしまくっていたら大腿をひねって負傷したこともあって、事前に今年のリベンジを決意していた。

そこで密かに準備を始めようとしていたのだが、先月、トライアスロンの前日という日程で山梨にて友人の結婚式へのご招待を頂いた。お祝いの席と戦いの席。なんとか両方に出られないかと思案するなか、当日朝の6:25羽田発→9:40石垣着のJTA071便を発見。リレーのスタートが8:30前後だから、バイク→ランへのバトンタッチは10:00と想定。9:40に空港着でタクシー駆けつけなら間に合うではないか!前日夜の披露宴お開き後、深夜にレンタカーで山梨から羽田空港に戻り、空港で仮眠して早朝便に乗るというゴールデンプランを実行することにした。こうして激しくリレーポイントに到達、エクストリームなリレーが見事に実現したのである。オリオンビールで乾杯する究極のルネッサンス!どんな極限状況においても最後までやり抜くプロフェッショナリズムは、いろんなところに活きるものである。

追記:
トライアスロン当日の早朝、羽田空港で飛行機に乗り込んでシートベルトを装着、一眠りしようかとシートにもたれかかって顔を上げたら「あっ!」。同じDJ事務所で一緒のサッシャさん。二人して驚いて話していたら、サッシャさんは僕がこれから向かう石垣島トライアスロンにて午後に行われるプロ競技の実況DJ担当だと。このシチュエーションには相当ウケた。何という偶然。石垣空港に到着して再度ロビーで会った後、僕はそのままタクシーに乗り込んでリレー会場へ。無事にランを達成して昼の打ち上げを終えた後、午後はサッシャさんの実況でプロ競技を楽しんだのであった。