2010-09-30

プロジェクト案ドラフト完成


構想を具現化するプロジェクトとなる「Do it!! シリーズ第一弾」のドラフトが完成した。実は、地域コミュニティにおいて活動を起こしていこうとするとき“何をどの順番で進めていったらよいか”については、過去の試行を通じて僕なりの仮説がある。ものすごくざっくりまとめると、【1】みんなで楽しく何かを達成したという成功体験機会を創出する⇒【2】恒常的に人が気軽に集まれる場を創出する⇒【3】骨太に設計されたプロジェクトに適材適所で人を配置して活動を走らせる」というフローである。最初をすっ飛ばしていきなりガチンコプロジェクトに入ろうとすると、たいてい空中分解する。その経験則に従いつつ、Do it!! シリーズでも僕は1stフェーズを大切にしたいと思っている。

ここで面白いのは、「みんなで楽しく何かを達成したという成功体験の機会を創る」という場合、その“何か”は文字通り何でもよい。ウォーミングアップと捉えてもいい。その意味では、できるだけシンプルで、ハードルが低く、期間的な区切りがある取組が望ましいというのが僕の見解である。その観点から、Do it!! シリーズ第一弾に何をもってくるかについて複数案を検討した上で絞り込んでドラフトにまとめた。実は、今回、第一弾として想定するプロジェクトは、7月にイギリスに出張して得たインスピレーションが大きく影響している。今はまだオープンにできないのだが、来月、このフィージビリティを検証するためにヨーロッパに出張予定!