2011-08-25

アイシティCMナレーション


もともと視力は良くも悪くもなく、基本的には裸眼で生活している。自分の場合は角膜の構造的に乱視のみが際立って強いのだが、脳内補正プログラムを駆使することによって視力0.7前後を保ってきた。ただ、視界に入ってくる歪んだ像を補正して認識するために脳内でパターン分析や音声分析をフル稼働しており、やはり相応のエネルギーを消耗する。一日の終わり頃には視力0.5以下になっているように感じる。そこで、昨年初めてコンタクトレンズを導入し、必要な時にワンデイタイプを使うというオルタナティブを得た。

近所のアイシティでレンズを調達しながら1年かけて慣れてきたところ、まさにそのアイシティさんのTV-CMナレーションを担当させて頂くことになり、本日スタジオで収録を行った。角膜の状態も一人一人異なるため、コンタクトレンズも様々なタイプを取り揃えることが必要だが、今回のナレーションパートは「ひとりひとりの瞳のために」というアイシティさんのC.I.部分。まさに痛感するところでもあり、実感込めて収録させて頂いた。9月上旬までフジテレビで放映されているとのこと。偶然お耳にかかるかもしれない。