2011-10-31

JFN: 井口耕二さんとの対談


先月10月5日に56年の生涯を閉じた、アップル創業者のスティーブ・ジョブズ。3年にわたり本人が唯一取材に全面協力した公式評伝が、世界同時発売の『スティーブ・ジョブズⅠ・Ⅱ』。講談社から出版の本書を書店で目にした方々も多いだろうが、既に上巻が発売されており、明日11/1には待望の下巻が発売される。その全二巻の日本語訳を務められたのが、翻訳家の井口耕二さん。これまでも『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』や『スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション』など、ジョブズ本の翻訳を手がけられてきた御方である。下巻発売前日の今日、井口さんをゲストに迎え、USTREAMによるリアルタイム配信とともに、11/19, 26と2週にわたって全国31のFM局で放送されるJFN『ON THE WAY ジャーナル WEEKEND』の対談パーソナリティとして番組を収録させて頂いた。

世界同時発売日程が急遽前倒しになる中で超短期間のうちに日本語訳が実現されたのは、偏にジョブズの思考への深い理解と極めて高い翻訳技術をもつ井口さんの力量によるところが大きい。この度の翻訳は、井口さんにとっても集大成的な位置づけだったという。本書が出版された経緯、イチオシの読みどころ、翻訳家から見たジョブズの凄みなど、井口さんが語る秘話は是非オンエアにてお楽しみ頂きたい。ただ、番外編として印象に残っているのは、「ジョブズの人生は、『事実は小説よりも奇なり』という言葉そのものですね」という井口さんの言葉である。それとともに、世界に数々のイノベーションを引き起こしてきたジョブズの原点には、常に“自分が本当にすきなことをやり続けること”が息づいていることが非常に印象深い。スタンフォード大学の卒業式のスピーチが再び思い起こされた。