2013-03-09

陸前高田に到着!


一ノ関から小型バスで2時間弱をかけて陸前高田に到着。夕方に沿岸部で高田高校の元・校長の戸羽茂先生と合流し、道のカフェのプロジェクトメンバー13名に沿岸部を視察をご案内いただいた。足を運ぶ度に沿岸部の整備は少しずつ進んでいる印象を受ける一方、やはり津波の爪痕の深さを感じざるを得ない。それでも前進に向けて地域のみなさんが道を歩んでいる姿を見ると、何かできることはないかと自問自答する。


今回、事前に戸羽先生とご相談をして、地場産業に尽力されていらっしゃる方を訪ねて是非お話を伺いたいという当方からのリクエストにお応えいただき、きのこのSATOさんの工場を訪ねさせていただいた。スタッフのみなさんからのお話を伺っていると「前だけを向いて進んでいきたい」という佐藤さんたちの想いが温かく感じられ、試食の機会も用意いただいた食した肉厚のシイタケの美味は筆舌に尽くし難かった。


あっという間に日も暮れて、米崎中学校仮設住宅で地域のみなさんと合流!待ちに待った地域のみなさんとの懇親会。自治会長の金野さんのご厚意で仮設住宅集会所をベースとする居酒屋ジュテームを臨時開業していただき、アットホームで超密着式の飲み会がスタートした。スタッフが全国各地から持ち寄った特産品おつまみが紹介され、みなさんと笑談しながら盛り上がる。思えばこのように地域のみなさんとゆっくりと懇親会の場を開けたのは初めてで、やはり膝を付き合わせてお話をできるのはとても楽しい。


あっという間に夜も更け込み、盛り上がりは尽きない。翌日に控えた「道のカフェ」の打ち合わせもOK。仮設住宅にお住まいのみなさんと過ごした懇親会の時間はとっても密度濃く感じられ、“一緒に作り上げる”楽しさを強く覚える。震災というきっかけではあるものの、このように米崎中学校仮設住宅にお住まいのみなさんとのご縁をいただき、ずっと交流をもたせていただけるのは何ともうれしい。復興3年目を前に、いよいよ「道のカフェ」が開く!